漢方薬でも心臓の弁を治す事や作る事は難しいです。
 
今ある症状を抑え症状の悪化は防ぐ事が出来ます。
 
その為には「自分の症状に合った自分だけの漢方薬を飲んでいく事」が重要になってきます。
 
諸症状でお困りの方、ぜひ一度ご相談下さい。
 

心臓弁膜症とは

心臓には血液の逆流を防ぐため
 
〇僧帽弁(そうぼうべん)
〇三尖弁(さんせんべん)
〇大動脈弁(だいどうみゃくべん)
〇肺動脈弁(はいどうみゃくべん)
 
の4つの弁があります。
 
何らかの原因によりこの4つの弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「弁膜症」といいます。
 
「弁膜症」は「狭窄症」「閉鎖不全症」「狭窄兼閉鎖不全症」の3つに分かれ
 
〇弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる事を「狭窄症」
〇弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう事を「閉鎖不全症」
〇一つの弁で両方の病態が存在する場合を「狭窄兼閉鎖不全症」
 
と言います。
 

まずは心臓の構造について

心臓は「右心房」・「右心室」・「左心房」・「左心室」の4つから出来ています。
 
右心房と右心室の弁が「三尖弁」、右心室と肺動脈の間の弁が「肺動脈弁」です。
 
左心房と左心室の間にあるのが「僧帽弁」、左心室と全身をめぐる大動脈の間にあるのが「大動脈弁」になっています。
 
心臓は全身に血液とともに酸素を供給する働きを持っていて、全身に酸素を届けたあとの血液(静脈血)は右心房から右心室へ戻り、肺動脈から肺に送られます。
 
肺で酸素を受け取った血液(動脈血)は左心房から左心室へ送られ、大動脈を通って全身をめぐり、酸素を届けてくれます。
 
流れ的には
 
肺→左心房→「僧帽弁」→左心室→「大動脈弁」→全身→右心房→「三尖弁」→右心室→「肺動脈弁」→肺
 
という流れになっています。
 

一番弁膜症がおこりやすいのは「僧帽弁」と「大動脈弁」の2つです。

弁膜症は左心房から左心室の間の「僧帽弁」、左心室から全身にいく「大動脈弁」この2つが問題になってきます。
 
「僧帽弁」に異常がある場合が「僧帽弁弁膜症」(僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症)
 
「大動脈弁」に異常がある場合が「大動脈弁弁膜症」(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症)
 
と言われています。

「僧帽弁弁膜症」(僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症)について

前述していますが左心房から左心室の間の弁を「僧帽弁」と言います。
 
「僧帽弁」に異常が出る事で左心房から左心室へ行けなくなった血液が左心房に充満し、左心房の圧が上昇します。
 
血液が左心房に充満すると左心房に戻る為の血液が肺に溢れてしまうのです。
 
肺に水がたまる事で「心不全」
心房に負担がかかる事で心房細動がおき「不整脈」
血液の流れが悪くなる事で「血栓」
 
などの病気に繋がります。

「大動脈弁弁膜症」(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症)について

こちらも前述してますが、左心室と全身をめぐる大動脈の間にあるのが「大動脈弁」と言います。
 
左心室は全身に血液を送っている為、かかる圧がとても大きくなっています。
 
そこで左心室と全身をつなぐ「大動脈弁」に異常が出てしまうと負担が更に大きくなってしまいます。
 
負担が大きくなる事で壁が厚くなり「心肥大」
 
心臓への負担が大きくなる事で「僧帽弁弁膜症」と同じように「心不全」「血栓」などの病気に繋がります。
 

心臓弁膜症の原因と症状

心臓弁膜症の原因

先天性と後天性があり、原因を特定する事は難しいと言われています。

以前はリウマチ熱の後遺症として「弁膜症」になることが多かったのですが、リウマチ熱自体が減り、リウマチ熱を原因とする弁膜症は減少しました。
 
その為、
 
加齢に伴う弁の硬化
高血圧や高コレステロール血症などによる血液の循環の悪さ
 
などが原因ではないかと言われています。
 
また「大動脈弁狭窄症」に関しては、先天性の「大動脈二尖弁」といわれる先天的な弁の異常の場合があります。
 
「大動脈二尖弁」とは、大動脈弁は元々弁尖が三枚から成るのですが、生まれつき二枚しかない状態です。
 
尖弁が二枚の為、弁に負担がかかり、硬くなったり、逆流したりしてしまいます。
 
「大動脈二尖弁」は、まれなものではなくごく軽い場合まで含めると100人に1~2人が「二尖弁」だと言われています。
 
「弁膜症」をもっていても動悸や息切れ・ドキドキに関しては、自律神経が深く関係している事が多いです。
 
動悸や息切れ・ドキドキが酷い方は「心臓神経症(動悸・息切れ・過呼吸・胸痛)」のページに詳しく書いていますのでご覧になってみて下さい。
心臓神経症(動悸・息切れ・過呼吸・胸痛)
 

心臓弁膜症の症状

訴える事が多い症状としては、心臓や肺に負担がかかる事で
 
○動悸や息切れ
○疲れやすい
○胸痛
○呼吸困難
 
などが起こります。
 
また「心不全」「心肥大」などを発症すると
 
○夜間睡眠中や横になると呼吸が苦しい(起座呼吸が楽になる)
○朝方息苦しくなる
○足がむくむ
 
などの症状が認められる事があります。
 
他にも左心房の中にできた「血栓」が、血液に乗って流れ出し、脳血管に詰まることで「脳卒中」を起こす方もいらっしゃいます。
 
また心臓に負荷が増えたり・心筋の肥大がおこると増加する「BNP(脳性ナトリウムペプチド)」という数値があります。
 
「BNP(脳性ナトリウムペプチド)」とは心臓(おもに心室)から分泌されるホルモンで、利尿作用、血管拡張作用、交感神経抑制、心肥大抑制などの作用があり、心筋を保護するように働く為、「BNP(脳性ナトリウムペプチド)」をみて行く事で今の心臓の状態がわかる事が多いです。
 

心臓弁膜症の漢方薬

漢方薬でも弁の修復・弁を作る事は難しいので心臓の負担を和らげたり、症状を抑える事を中心に漢方薬を出させて頂きます。
 

症状に合わせた漢方薬を飲む事が大事になってきます。

まず一番大事なのは心臓の負担を和らげる事です。
 
心臓に負担がかかる事で諸症状は出てきてしまいます。
 
その為メインの漢方薬としては「心臓の負担を抑える効果のある漢方薬」を出させて頂く事が多いです。
 
それに加えて動悸や不整脈がある方は「自律神経を整える漢方薬」「動悸を緩和させる漢方薬」
 
浮腫みが酷い方は「利水作用がある漢方薬」「肺の水を巡らせる漢方薬」
 
血栓が出来やすい方や脳卒中の方は「駆オ血剤(血液の巡りを良くする漢方)」
 
などを併用して出させて頂きます。
 

心臓弁膜症の症例

症例①(昭和24年生 男性)

4年ほど前より症状が出始め、息切れや動悸、倦怠感があるとの事でご相談に来られました。
病院での診断は心臓弁膜症(大動脈弁閉鎖不全症)と言われ、BNP(脳性ナトリウムペプチド)の数値も76.8H(正常値18.4H)と少し高めでした。
 
一番気になる症状としては、緊張した時と疲れた時の胸の圧迫と動悸とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①心臓の負担を抑える煎じ薬
②血流を良くする錠剤
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、ストレスがかかると調子が悪いと感じる時はあるが息切れや動悸が改善してきているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、先日病院に行きBNP(脳性ナトリウムペプチド)を計った所、42.6Hまで減少。
調子良く過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、引き続きBNP(脳性ナトリウムペプチド)も安定。
息切れや動悸に関しても特に気にならないとの事。
調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、夏で少し疲れがたまりやすいが比較的調子が良いとの事。
動悸や息切れはあまりしていないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年2ヶ月、調子良く過ごしているとの事。
大きな症状はないので特に気にならないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年6ヶ月、疲れた時は動悸がする時があるが今は落ち着いているとの事。
調子自体は悪くないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年10ヶ月、調子も良いので「心臓の負担を抑える煎じ薬」を半分の量まで落とさせて頂きました。
ストレスがかかるとドキドキする時があるがそれ以外はないとの事。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
漢方薬の分量も落とす事が出来たので、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。
 

症例②(昭和45年生 女性)

何ヶ月か前に病院に行った所、心臓弁膜症と診断されこちらに相談に来られました。
 
症状としては、4年ほど前より心臓のドキドキ疲れやすさを感じるようになったとの事。
特にストレス疲れを感じる時に酷くなるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては「自律神経を整える煎じ薬」を1種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、ドキドキが大きく変わっていないがストレスを感じる回数が少なくなっているとの事。
イライラする回数も少なくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、ドキドキの勢いが少なくなってい来ているとの事。
回数は1日1.2回あるが大分楽な感じがするとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、動悸は落ちついているとの事。
精神的にも安定しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、ドキドキもほとんどなく、調子良く過ごせているとの事。
1年前に比べると大分調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、梅雨時期で体調自体の調子が悪い時があったが、順調に過ごせているとの事。
ドキドキの調子は悪くないので、漢方薬の分量を1日1回まで落とさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年漢方薬の分量を1日1回まで落としても調子が良いとの事。
ドキドキも1日1回あるかどうかくらいまで減っているとの事でした。
 
イライラする事も減り調子も良いとの事で安心いたしました。
引き続き今の調子のまま過ごせると何よりですね。

症例③(昭和59年生 女性)

2年ほど前より動悸が激しくなる時があり、症状が酷い時は意識消失
夜間動悸が激しく眠れない時もあるとの事でご相談に来られました。
 
病院での診断は心臓弁膜症になり、僧帽弁・三尖弁どちらも異常が出ているとの事。
ただストレスがある時が一番症状が酷いとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①心臓の負担を抑える煎じ薬
②自律神経を整える粉薬・錠剤
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、日によって調子が良い日があり、調子が良い日は動悸を感じるのが半分くらいまで減っているとの事。
寝ている時に感じていた動悸を感じなくなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、ほとんど動悸を感じなくなっているとの事。
心臓に負担がかかる事で高くなるBNP(脳性ナトリウムペプチド)の数値も100を越えていたのが80台まで落ちたとおっしゃって頂けました。
 
2ヶ月でほとんどの症状に改善が見られました。
 
まだBNPの数値が高いので油断はできないですが、ご本人の希望により一時治療を終了。
また調子が悪くなりましたらご連絡頂くようになりました。
 

 
症例・漢方治療歴に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
症例・漢方治療歴 心臓弁膜症